"Red"

Loving him is like driving a new Maserati down a dead end street
Faster than the wind
Passionate as sin, ended so suddenly
Loving him is like trying to change your mind
Once you’re already flying through the free fall
Like the colors in autumn
So bright just before they lose it all
彼を愛することは、袋小路で新車のマテラッツィを走らせることのよう
風よりも速く
罪のように激しく、突然終わりを迎える
彼を愛することは、今にも落ちようとしているあなたの気持ちを変える
ことのよう
秋の色彩のように
全てを失う直前の鮮やかさ

 

Losing him was blue like I’ve never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
But loving him was red
Loving him was red
彼を失うことは、今まで知らなかった青色のようだった
孤独の鉛色だった
彼を忘れることは、会った事のない誰かを知ろうとする事のようだった
でも、彼を愛することは赤色だった
赤色だった

Touching him is like realizing all you ever wanted was right there
in front of you
Memorizing him was as easy as knowing all the words to your
old favorite song
Fighting with him was like trying to solve a crossword and realizing
there’s no right answer
Regretting him was like wishing you never found out that love
could be that strong
彼に触れることは、ずっと望んでいた全てが、正に目の前にあることの
ようだった
彼を記憶することは、古くから親しんだ歌の歌詞を覚えていることと同じ
くらい容易いことだった
彼と争うことは、クロスワードパズルを解こうとして、答えの無いことを
知ることのようだった

彼を悔いることは、愛は強くなれることを知ることがないよう望むことの
ようだった
  

Losing him was blue like I’d never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
But loving him was red
Oh red
burning red
彼を失うことは、今まで知らなかった青色のようだった
孤独の鉛色だった
彼を忘れることは、会った事のない誰かを知ろうとする事のようだった
でも、彼を愛することは赤色だった
赤色だった
燃えるような赤
 

Remembering him comes in flashbacks and echoes
Tell myself it’s time now, gotta let go
But moving on from him is impossible
When I still see it all in my head
回想と反響の中で彼のことを思い出す
自分に言い聞かせる。今手放さなければと
でも彼のもとを去ることは出来ない
頭の中で全てが見える

 

In burning red
Burning,it was red!
燃え上がる赤色
燃え上がる赤

 

Oh, losing him was blue like I’d never known
Missing him was dark grey all alone
Forgetting him was like trying to know somebody you've never met
Cause loving him was red
yeah yeah red
We're burning red
彼を失うことは、今まで知らなかった青色のようだった
孤独の鉛色だった
彼を忘れることは、会った事のない誰かを知ろうとする事のようだった
彼を愛することは赤色だったのだから
ああ、赤色なのよ
私たちは燃え上がる赤


And that's why he's spinning round in my head
Comes back to me burning red
Yeah yeah
彼は私の頭をぐるぐる回っているのだから
戻ってきてほしい
燃え上がる赤

 

Cause love was like driving a new Maserati down a dead end street
愛は、袋小路で新車のマテラッツィを走らせることのようだったのだから


少し間が空いてしまいましたが、Taylor Swiftをもう一曲。
"Red"は、日本でもテラスハウスの挿入曲としてヒットした
"We are never ever getting back together"も収録されている
4THアルバム「Red」に収録されています。
"Red"は音作りとしてはカントリーっぽさが残っていますが、
ポップミュージックへの転換期の作品として知られています。

歌詞としては、愛について様々な色でメタファーとして表現
されているところが面白い曲ですね。個人的には、愛すること
が「
袋小路で新車のマテラッツィを走らせることのよう」と
表現している箇所が好きです。